トピックス Archive

0

今すぐダウンロード

ドコモのiアプリ

「Google Analytics」などPCサイト用のアクセス解析はいくつもありますが、携帯からは確認することは簡単ではない上にリアルタイムで解析できません。

このアプリはブログやホームページの閲覧者をリアルタイムに携帯から確認できるiアプリです。

あなたのサイトの気になる訪問者情報を、簡単な設置だけでリアルタイム解析できるようにする、ドコモのiアプリです。 外出先からガッツリ解析、出勤中にチラ見、自宅でホームページを見ながら解析、様々な活用方法を開拓してください。

※PCサイトの閲覧者をiアプリで確認するアプリです。
※無料版は1日50ページビューなどの制限がございます。
※無料版の動作確認後に月額課金をご検討ください。

今すぐダウンロード

http://appli.docomomarket.ne.jp/detail/BRW001_PM1_001?uid=NULLGWDOCOMO&guid=on&cid=10000002816

 

0

ヒートマップ

アクセスがあったページのビジターのクリック動向をヒートマップで表示します。
最大1週間分の動向になります。

 

初期設定では背景がない状態ですが、実際のページを背景にすることができます。
背景画像の取得や編集方法については「設定」もしくはSD保存リストを参照して下さい。

 

 

 

  • URL (集計されたURLページ)
  • 幅 (URLの集計された横幅)
  • 縦 (URLの集計された高さ)
  • 丈 (URLのスクロールを含む高さ)
  • クリック (幅&縦内で集計された回数)

設定で背景の取得先を「本体」にしている場合は、携帯端末に保存された画像ファイルを選択するモードになります。

本体から背景にする場合

PCで加工した背景画像を適用する方法です。

以下のページでURLのページをプリントスクリーンして下さい。
アクセス解析モープラ用、ヒートマップQVGAコンバータ
ご利用の画像ソフトで黒枠内を切り取り保存します。

リサイズの方法はコンバータを利用せず、楽な方法を見つけて頂いても構いません。
その際の画像サイズは、必ずQVGAの240×320ピクセルにする必要があります。
Vectorでキャプチャー&画像加工ソフトをいろいろ探してみてもいいかもしれません。

次にリサイズが完成した画像を携帯にメール送信などして移動します。
SDカード経由、ケーブル経由でも携帯端末に保存が出来ればモープラから利用頂けます。

画像ソフトの使い方や、上記の方法がわからない場合は、設定からカメラを選択してください。

カメラで背景にする場合

携帯に内蔵されたカメラを利用してページを直接撮影する方法です。
携帯メーカーや携帯端末の性能が影響する部分です。

SH906iで実験したところ、接写はあえてせずに少し離れてズームで撮影すると明るく綺麗に保存できました。
当然ですがページを正面から撮影することになりますので、グレア(光沢)モニタだと撮影者も写りこんでしまいます。

暗い場所か、バックを暗くして撮影しましょう。

背景画像の記憶

背景画像はSDカードにキャッシュする仕組みなっているため、SDカードが挿入されていない場合は、再度背景を選択する必要がございます。

0

ページ順位

一週間のページデータを集計しています。

hitはアクセスがあった合計です。
それ以外にタイトルとそのURLを表示しています。
0

キーワード順位

一週間の検索キーワードデータを集計しています。

hitはアクセスがあった合計です。
最大率は、一番多いワードがそのサイトで一番注目されたビックキーワードとし、その他を比率で表示しています。
キーワードの収集は前方より3ワード目となり、それ以降の絞り込みワードは収集していません。

 

 

 

キーワードの収集ルール

検索ワードが以下の場合だと

ドコモ アプリ 無料 ダウンロード

3ワード目の「ドコモ」~「無料」までは収集されますが、4ワード目以降の「ダウンロード」は優先度の低い絞込みワードとして収集されません。

ドコモのアプリと言えばアプリゲット 無料 ダウンロード ページ

長文のキーワードになると収集されません。その他のルールは従来どおり3ワード目までとなり、長文の文字数制限は10文字までです。

0

ページ履歴

過去50件のページの履歴が表示されます。
時系列にホームページを介したビジターの挙動を解析できます。

 

 

 

 

 

ページ単位のデータ

表示されるデータは以下の通りです。

  • アクセス時間
  • ページタイトル
  • ページURL

検索エンジンの場合

  • アクセス時間
  • 検索エンジンの種類アイコン
  • 検索キーワード
  • 参照元URL

外部リンクへのクリックの場合

  • クリック時間
  • リンクタイトル
  • リンク先URL
0

リファラー順位

一週間の参照元データを集計しています。

 

 

 

 

 

 

ドメインが長い場合、一部文字が省略されます。

google.co.jp
search.rakuten.co.jp

以上の場合だと

google.co.jp
*arch.rakuten.co.jp

というように前方が省略されます。

比率とは

比率は、参照元の合計との比率になります。

0

日別アクセス統計

日別のアクセス統計を表示しています。
最大で過去30日間までをさかのぼります。

visは1日にアクセスしたビジター数、pvは1日に表示されたページ数になります。

データの保持期間

30日より前のデータを参照することは出来ません。

最大率とは

過去30日間のページビューで一番多かった日を100%として、それ以外の日とを比較したパーセントとなります。

0

ビジター履歴

ページに訪れた過去50人のビジターを表示しています。
最大50人を越えたビジターは表示されません。

解析を始めてから、そのビジターが起こした動作をカウントしています。
動作の対象はページビューと外部クリックです。

検索エンジンからやってきた場合は、そのエンジンの種類とキーワードを保持するようになっています。

 

 

ビジター単位のデータ

表示されるデータは以下の通りです。

  • 国籍
  • ブラウザ種類 (Firefox等)
  • OS (windows等)
  • IP
  • HOST(ホスト)
  • 訪問(最終アクセス時間)
  • モニタ(ディスプレイ解像度)
  • 動作回数(ページオープン、クリック等)
  • 言語
  • クッキー
  • JAVA
  • Flash
  • 最終検索ワード

国籍について

日本やアメリカなど、242カ国を判別しています。
国籍が不明の場合[?]と表示される場合があります。

IPから紐付けされるGEOIPから取得しています。

OSについて

windows Microsoft Windows (マイクロソフト ウィンドウズ)

mac Apple Macintosh (アップル マッキントッシュ)

iphone Apple iPhone (アップル アイフォン)

android Google Android(グーグル アンドロイド)

linux Linux (リナックス)

playstation Sony PlayStation(ソニー プレイステイション)

ユーザーエージェントから取得しています。

ブラウザについて

ie Microsoft InternetExplorer (マイクロソフト インターネットエクスプローラ)

firefox Mozlla Firefox (モジラ ファイアフォックス)

chmore Google Chrome (グーグル クローム)

safari Apple Safari(アップル サファリ)

opera Opera Software(オペラ ソフトウェア)

ie6 Internet Explorer6 (旧ブラウザ)

IE6に関して、ホームページの製作者にとってCSSやJavascriptの対応コストパフォーマンスが低いブラウザとして認知されています。
しかし日本のシェアがまだ10%以上もあり、今後も苦労がたえないブラウザとして別枠としてデータ収集することにしました。

考え方を変えると、windowsの海賊版を利用しているユーザーがIE6よりバージョンアップできないケースが多く、中国のIE6の率は30%以上に上ります。
それゆえ質のいいビジターを対象とする場合はマーケットからはずべきと言わざる終えません。

動作回数の保持

解析を開始してからの動作回数の集計ルールは、ページビューと外部クリックですが、クッキーを無効にしたビジターの場合、同じビジターと判断できない場合があります。
出来うる範囲でのビジター判別はしておりますが、クッキーがオフで毎回IPやホストが変わったりすると新規ビジターとなってしまいます。

最終検索ワードの保持

同じビジターが違うキーワードで再び検索エンジンからやってきた場合は、上書きされます。

0

生中継

現在アクセス中ビジターの様々な情報をリストで表示しています。
参照元の表示や外部リンクのクリックも表示します。

 

 

 

 

 

各種アイコンについてはビジター履歴を参照ください。
表示されるデータは以下の通りです。

  • IP
  • 国籍
  • ブラウザ種類 (Firefox等)
  • OS (windows等)

ページ単位で表示されるデータは以下の通りです。

  • アクセス時間
  • ページタイトル
  • ページURL

参照元が検索エンジンの場合

  • 検索エンジンの種類アイコン
  • 検索エンジンの何ページ目
  • 検索キーワード

外部リンクへのクリックの場合

  • クリック時間
  • リンクタイトル
  • リンク先URL

参照元からのアクセス

参照元がある場合、それが検索エンジンからと判別できれば、そのエンジンの種類とキーワードが表示されるようになっています。それ以外の場合はそのurlが表示されます。

対応済み検索エンジン

  • グーグル検索
  • ヤフージャパン
  • BING検索 (旧MSN検索)
  • goo検索
  • 楽天検索
  • 百度検索
  • ニフティ検索
  • ビッグローブ検索
  • So-net検索
  • エキサイト検索

取得された検索キーワードは、3ワード目までが集計されます。
詳しくはキーワード順位を参照ください。

ページ内の外部リンクをクリック

ページ内の外部リンクをクリックした場合、そのリンクに付加されたワードが表示されます。「aタグのtitle属性」「imgタグのalt属性」「aタグ内の文字列」の順に取得します。

<a href=”2.htm” title=”1番リンク”><img src=”image.gif” alt=”2番ボタン”>3番テキスト</a>

以上のリンクをビジターがクリックした場合はtitleが優先され「1番リンク」というワードが表示されます。

ビジターのリアルタイムルール

アクセス解析モープラでは、ビジターが解析対象のページを開いた場合、アプリ上に表示されます。
リンクをクリック動作をすればその動作がすべて表示されるようになっております。

ウィンドウを閉じた場合、60秒以内にはリストから表示されなくなります。
更に何も動作をしていない時間が約30分続けば、すでにそのビジターはアクティブではないと判断されリストから消えるようになっています。

最大15人まで同時に表示されます。1人あたりの30分以前の挙動は表示されません。

最大5人を超える同時ビジターの場合、解析リミッターの500人を超えてしまうペースだと思われます。

ページ情報が表示されない場合がある

上のリアルタイムルールにある、「30分以前の挙動が表示されない」と「30分後にアクティブでないと判断する」の兼ね合いで発生します。